« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月24日 (日)

最後の写真

火曜日の夜に毎月恒例の句会がある。
上野の不忍池のほとりで行われる、
12~3人の句会で、
私の最も親しくさせて頂いている句友の方々ばかり。
その中のおひとりが急逝された・・・。

今週の火曜日に行われた1月のこの句会にも
出席しようとされていたが、
体調を崩したので欠席します、との連絡だった。
ちょっと心配・・・と、みんなで話していたが、
亡くなられるようなことになるとは
誰も思っていなかった。

そして・・・木曜日に、
その句会の代表でいつもみんなを指導してくださる
私の師ともいえる同人の方から
突然の訃報・・・本当に驚いた。

1月10日に開催された結社の新年句会にも
元気に出席されていて、
得意のカメラでみんなの写真を撮り続けていた人だ。

この訃報を聞いたとき、
私は、本当に偶然だけれど、
新年句会を行った浅草の会場で、
レザーのファッションショーのイベントをしていた。

そう・・・まさに、10日の日に、結社の新年句会として
亡くなられた方もご一緒に句会に参加し、
懇親会では、集合写真を撮ってもらった会場にいて
その訃報を聞いたのだった。

にわかには信じられない気持ちだった。
水曜日に入院されて、
金曜日の朝には亡くなられていたのだ。
悲しみよりも驚きが先にあって、涙も出なかった。

昨夜はお通夜となり、
私も夫とともに通夜に出かけた。
受付にはいつもの上野の句会で
指導してくださる方や句会のメンバーが立っていた。

お香典をお渡ししたときに、
「これ、田中さんが最後に撮った写真・・・」といって
お正月に浅草の新年句会懇親会での
集合写真を渡された。

ふいに涙があふれてきた・・・。
いつもみんなの写真を撮って
みんなに配っていた田中さんの姿が浮かんだ。
頂いた写真を撮った懇親会での様子が
鮮明に浮かんできた。

会場の入り口付近には
大きな画面が用意されていて、
お元気な頃の写真が
スライドショーで流れていた。

奥様やお孫さんに囲まれた写真。
警察官だったころの凛々しい姿。
若かりし頃のモノクロの写真などもあり、
奥様との旅の写真もたくさんあった。

お通夜の終わりごろに訪れた私たちは
お清めの席から帰ろうとしたときに、
階段の途中でちょうど奥様や息子さんたちと
お話しすることができた。

俳句のことは全くわからないけれど、
父は俳句のことをしているときや
句会にでかけるときが
本当に幸せそうでした・・・と息子さん。

俳句で出会った皆さんは
本当に良い方ばかりなんだ、と、
いつも私に言ってきかせてくれ、
句会に行くのを楽しみにしていました・・・と奥様。

ご家族にとってもあまりに急な別れだったに違いない。
私は、最後に撮っていただいた写真のお礼をいい
お通夜の席を離れた。

集合写真の中の田中さんは
一番端に立っていらした。
いつもみんなを撮影している方なので、
なかなか集合写真に入っていることが少ないが、
このときは会場のスタッフに頼んで、
田中さんも入って撮った写真だった。

お疲れさまでした、田中さん。
ご一緒の写真、大切にします、と
私は頂いた写真に話しかけた。

  初写真遺品となりしカメラより かつこ

| | コメント (0)

2010年1月 8日 (金)

初句会♪

あっという間にお正月が終わってしまった!
とはいえ、
2日には夫の両親とともに初詣をし、
3日には私の生まれた町でお墓参りをし、
いわゆるふつーのお正月を過ごした。

で、昨日はふたりとも休日だったので、
柴又帝釈天に行き、お札を頂いて、
おみくじをひいたけど、
ふたりとも番号違いの凶。
ふたりで顔を見合わせて苦笑い。

  七日正月ふたりとも凶みくじ かつこ

そして、夜は今年初めての句会。
結社の新年句会といわれるものは
次の日曜10日にあるのだけれど、
昨夜は主宰が参加される、
人数の少なめの句会。
欠席投句も含めて、25名参加で5句投句だ。

この句会は最後の最後まで
作者をあかさないまま進められる。
つまり・・・主宰の句も、
主宰選として披講されても、
その句についての全ての評が終わってから
作者が明かされるので、案外ドキドキ。

で、昨日は・・・めでたく主宰選GET!
披講当初は、この1句のみの主宰選だった。
            ↓
  父の背のずんずん進み行く枯野 かつこ

Img_4015

これは2日に義父母とともに彼の実家近くの
大宮八幡に初詣行った際に作ったもの。
自ら俳句もする義父は、私たちふたりに
寒肥(かんごえ・かんごやし)という季語の
実態を見せる!、といって
枯野の中に案内してくれたのだ。
で、こんな句を作ったけど、これはイマイチ(*_*)
           ↓
  寒肥し八幡さまの大木に かつこ

でも、昨日はめずらしく、私のある句が
互選では一番人気句だっだんだけど
主宰選には入らなかった・・・。

が、しかし、披講後にそれぞれが選した句について
評を行っているときに、ラッキーにも(!)先生が、
「この句、私の選に加えてください」・・・といって下さった♪
嬉しかった。

  焚火から離れて焚火匂ひけり かつこ

これは大晦日に除夜の鐘を撞きにいった際に
焚火をみながら作ったもの。

Img_2787

そして評の最後の方に、もう1句、
ほんの数人が選してくれた私の句にも
評を聞きつつ、先生が選に加えて下さった。
「うっかりしました、これは選に加えてもよかった」と
少し照れながら先生は言われ、
披講していた句友(というか、この日はたまたまわが夫!)が、
どうされますか?と聞くと、
「謹んで選に加えましょう!」と笑ってくださった。

  菰巻の名札残して巻かれけり かつこ

これも初詣の大宮八幡で見た風景。
5句投句で3句も選に入るのは、
あまり・・・いや、ほとんどないことだ。
お正月から縁起がいい!

きょうは嬉しくて、ここには5句とも書いてしまった!
このところブログに俳句書いてなかったしね。
おみくじの凶は、どうやら柴又帝釈天の木の枝に
結んだまま置いてきたみたい・・・(^^;
よかったぁ♪

| | コメント (5)

2010年1月 2日 (土)

梅見ごろ♪

満開♪
元日になるころに
一輪咲き始めた盆栽の梅が
なんとこんなに咲いちゃいました♪
まだまだ蕾を残していますが、
我が家にはもう春が来たみたい・・・。
初春・・・ですね。o(^-^)o

| | コメント (2)

2010年1月 1日 (金)

謹賀新年

謹賀新年
2010年になりましたね。
我が家の周りはたくさんのお寺があり、
あちらこちらから
除夜の鐘が聞こえてきます。

で、今年も近くのお寺で
除夜の鐘をつきました!
私のついた鐘の音は思ったより大きく
しばらく鐘の音の余韻が
身体に残りました。

今年も皆さまにとって
幸大き一年でありますように…。

| | コメント (2)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »