« きょうは…陶芸です | トップページ | 小さな試練 »

2009年2月23日 (月)

湯島の白梅

東京は冴返った一日。
冷たい雨の中、一年ぶりに湯島天神に・・・。
梅まつり真最中とはいえ、
雨の月曜日は人も少なく、
露店もひっそりと店を開けていない状態。
でも梅はちょうど満開をむかえていて、
見ごろだった。

湯島天神の狛犬

でも、さすがに受験シーズンなので、
もうこれ以上掛けられない・・・というくらい
たくさんの合格祈願の絵馬がかかっていた。
実は私、今年になってから
ひとつだけ挑戦しているものがあり、
今週末にそのテストもあるので、
ちょっとだけ合格祈願のお参りもした。

そして、帰りがけに、湯島の交差点にある
和菓子屋さんで、梅のお菓子「ふく梅」を購入。
甘い練り菓子の中にほんのり塩味の餡子。
そして梅の花の真ん中は本物の梅干。
ちゃんと種もありました。
甘酸っぱい春の味・・・。

ふく梅

青空の下の梅もいいけれど、
蕾のような雨粒をとどめた梅もなかなかおつなもの。
雨のせいか、人ごみやたこ焼きの香りもなくて、
いい梅見の一日でした。

  白梅や蕾のごとき雨しづく かつこ

蕾のような雨粒

|

« きょうは…陶芸です | トップページ | 小さな試練 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ほんとだ 雫がつぼみみたいです。
梅の御菓子美味しそう。
お菓子なのに梅っていうだけで
口がつぼまってしまいます。

投稿: 玉紅 | 2009年2月24日 (火) 15時44分

>玉紅さん、こんばんは。
 本当に雨の雫はまんまるで、梅の蕾みたいでした。
 梅のお菓子、上品でいい味でしたよ。
 でも、そんなに酸っぱくはなかったです。
 しばらく暖かかったのに
 このところ東京も冴返る日々です。
 長野もまだまだ寒い日々でしょうね。
 

投稿: かつこ | 2009年2月25日 (水) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きょうは…陶芸です | トップページ | 小さな試練 »